ARCAM SOLO UNOが販売を開始!Roon対応のおすすめオールインワンネットワークアンプ!

オーディオ
スポンサーリンク

総合音楽再生ソフト「Roon」がどんどん
発展していきCDに代わる新たな再生環境へと
その存在を確立していきそうな勢い

よしか
よしか

各メーカーどんどんRoon対応機を

発売してるよね


そんな中、イギリスのオーディオブランド
ARCAM(アーカム)から
「ARCAM SOLO UNO」が2021年10月末に
日本でも発売されました。
市場価格は¥77,000ほど。

これが¥77,000の入門とは思えない実力を秘めていて小さい、安い、高音質と三拍子そろった優れもの。

なんせネットワークプレイヤーにアンプが搭載されているので、スピーカーとスマホやタブレットがあればネットワークを利用しすぐにRoonが体験できますしアンプとネットワークプレーヤーの金額を考えたらコスパもすごい!

ZEN STREAMARCAM SOLO UNO といい低価格でRoonが体験できる商品がどんどん出るのは嬉しい 。

それでは具体的にどんな商品なのか紹介していきます。

この記事はこんな人に向けてです
  • 低価格でRoonを始めてみたい
  • Roonを使っていてマルチルーム再生を手軽にしたい
  • できれば小さく省スペースでRoonを始めたい
  • DACやアンプを持っていない
  • MQA対応機器がいい

結論!Roon ready対応機器として入門にもマルチルーム用にも最適

ARCAM SOLO UNO はネットワークとアンプを組み合わせた、ネットワークアンプというジャンルになる。

ネットワークプレイヤーでもネットワークトランスポートでもない。これこそが最大の強みでありRoon入門やマルチルームにも最適なところ

これが ARCAM SOLO UNOのおススメポイント
  • ネットワークアンプなのでDACもアンプもいらない
  • アンプ搭載かつ小さく省スペースなのでマルチルーム再生に向いてる
  • Roonready対応なのに低価格
  • MQAにフルデコードで対応
よしか
よしか

他のRoonReady対応ネットワークプレーヤーはこちらをご覧ください

オールインワンだからDACもいらないアンプもいらない

通常両者は下記のようにDACやアンプがないと、スピーカーをならせない。

同じような価格帯のネットワークトランスポートを例に挙げるとこんな感じ。

ネットワークトランスポート ZENSTREAMの例


一方ARCAM SOLO UNO はどうなのかというと、アンプもDACも内蔵のオールインワンなのでこんなにもシンプルな構成になる。

すごいスッキリと分かりやすくなったね!構成が少ないから初心者にもいいかも

そう、オールインワンだからDACもいらない

アンプもいらない最小構成。

だからこそRoonを始めてみたいけど高いしな~って、悩んでいるRoonやオーディオ入門者こそ最適なんです。

「複雑なオーディオの構成を一元化」
これこそ最大の武器ですね

よしか
よしか

DACそろえてアンプもそろえてってなると、とてもこの77,000円には収まらない

アンプ搭載で小さく省スペースなのでマルチルーム再生に向いてる

B5サイズの超コンパクトボディかつ構成が
シンプルで低価格だからこそ
Roonの特徴でもあるマルチルーム再生にオススメなんです!

つまりサブシステムにも最適!寝室や書斎でも邪魔じゃないでしょ?

例えば、リビングにRoonシステムのコアを置いてスピーカーを鳴らしているとします。

「寝室でも聞きたいな~」
「書斎でも聞きたいな~」

こう思ったときに ARCAM SOLO UNO と
スピーカーを各場所に置くだけでネットワークにつなげばRoonをいたるところで楽しめる。それも操作はスマホやタブレット。

Roon ready対応ネットワークアンプをそろえれば、全部屋でRoonで音楽を聴くことも可能になる。すごいですよね~

Roonのマルチルームイメージ

逆にお気に入りのDACやアンプを持ってるよって人は、ネットワークトランスポートを選ぶと手持ち機器がいかせます

Roonready対応なのに低価格

そもそもRoonを体験するうえでRoonready対応器が推奨されている。

最近こそ低価格帯が増えてきましたが、基本的には10万円を超え20万ほどするものが多い。

その中でアンプもDACも搭載されていて
77,000円なので、かなりコスパがいいZEN STREAMと比較してもアンプとDACの価格どこにいったん?ってなります(笑)

よしか
よしか

値段はブルーサウンドのNODE 2i

に近いので悩みどころ、どちらも

コンパクトだけどオールインワンは魅力

MQAにフルデコードで対応

MQAは「Master Quality Authenticated」の
略称で「高音質」「低用量」「高再現性」を
実現している。

高音質音源でこれを独自の「折り紙」折り畳み技術によって、音楽情報が含まれたデータを効率的にパッケージ化したもの。

これをPCやアプリ、DACで展開して行くのですが、それを一台で全部開けてしまう機器をフルデコード対応機器と言い、MQAを最高音質で聴くのに必須の項目がフルデコードなんです。

よしか
よしか

MQAデータの最大の特徴はやはり

スタジオ音源という空気感の再現性

オーディオマニアじゃなくてもすぐわかる

ちなみにMQAデータは販売してますがかなり高価です。MQAを聞きたいのならばストリーミングサービスがおススメ。MQAストリーミングに対応してるのはTIDAL。

Roon+TIDAL+MQAの組み合わせは素晴らしいのでぜひ体験してみよう

スペックや外観

それでは外観も見ていきましょう。

高剛性アルミキャストボディと
鏡面クローム仕上げになっていますので、値段が安いからと言って安っぽくありません。

前面には音量とミュートボタン、電源ボタンしかありません。リモコンもないのでスマホやタブレットで操作する仕様。

ARCAM公式サイトより

背面には所狭しと接続端子類が並んでいます
小さいながらもスピーカー端子はハイグレードな物を使用し、安っぽさは感じません

ARCAM公式サイトより

入力は有線LANとWi-Fi、AUXのみとなります。3.5mmのアナログ入力を使えばTVの音も再生は可能。

USB入力はできませんのでご注意を

Airplay2やGoogle Castにも対応してるけど、これで聴くならRoonが断然高音質だよね

よしか
よしか

電源内蔵なのも地味にうれしい

上から見るとロゴがあるだけでとてもシンプル、幅はCDアルバムくらいしかないのでとてもコンパクト。

ARCAM公式サイトより

スペックはこんな感じです。内容からわかるようにかなりコンパクトで、リビングにおいてもオーディオらしからぬ存在感でインテリアにとてもマッチします。

リモコンはないけどアプリで操作ができるようになってます。再生サービスはGoogle Cast、AirPlay 2、Roon Readyに対応しています。

よしか
よしか

Amazon musicHDには対応していませんので注意しましょう!AirplayやGoogle Cast を使えば再生は可能です

外形寸法W140×H52×D213mm(突起物含む)
重量1.5kg
入力5GHz/2.4HGHzデュアルバンドWi-Fi搭載
有線LAN
3.5mmミニプラグ
出力端子サブウーファー出力端子
専用アプリ専用スマートフォンアプリ「MusicLife」
出力 50W/chの高効率アンプ搭載
サポートファイルWAV、FLAC、ALAC、AIFF、OGG(192kHz/24bit)、AAC(96kHz/24bit)、MP3(48kHz/16bit)、WMA(44.1kHz/16bit)
再生サービスGoogle Cast、AirPlay 2、Roon Ready

お気に入りのアンプやDACがある人は

ARCAM SOLO UNO はアンプ内蔵の
ネットワークプレイヤー。

オールインワンがいいとこなんだけどデジタル出力がないので、自分のお気に入りのアンプDACを持っている人はメインに組み込むことができない。

メインシステムのスピーカーと共用するにはスピーカーセレクターを使おう。

どうしても組み込みたい場合はAUXから3.5mmミニプラグ入力があるDACへ送ろう

まとめ

ARCAM SOLO UNO はRoonをこれから
始めたい人にもマルチルームやサブシステムに
使いたい人なあらゆる使い方に対応できる万能機。

Roon再生をメインにするなら間違いなくおススメの一品です。

ARCAM SOLO UNOのメリット
  • ネットワークアンプなのでDACもアンプもいらない
  • アンプ搭載かつ小さく省スペースなのでマルチルーム再生に向いてる
  • Roonready対応なのに低価格
  • MQAにフルデコードで対応
ARCAM SOLO UNOのデメリット
  • Amazon musicには対応していない
  • 実力を生かすとほぼRoon専用機になる
  • USBなどデジタル入力がない
  • デジタル出力がないのでDACを持っている人はDACが生かせない
  • リモコンがない

これからRoonが主流となっていくであろう
高音質ストリーミングサービスの中でどんどん
このような低価格帯のネットワークアンプの
ような製品がどんどん増えていくことは

うれしいですね。

それではよきオーディオライフを~

コメント

タイトルとURLをコピーしました