モバイルモニター cocopar 15.6インチ をレビュー!2万円以下でFullHDで軽量、type-C対応ならコレ!

ガジェット
スポンサーリンク

出張や旅行先で携帯ゲーム機やパソコンの画面が小さくて

困ったことはありませんか?

複数モニターあれば作業効率も上がるし

動画やゲームも捗るのになぁって思いますよね。

PS4とかのゲーム機を持って行ったときに

ビジネスホテルのテレビに独自の制御が働いてて繋げない

こともしばしば、そんな悩みを解決するのがモバイルモニターです。

かといって重かったり、ケーブルごちゃごちゃなのはもってのほかです。

今回はUSB-Cケーブル一本で拡張できちゃうかつ軽量の

cocopar 15.6インチモバイルモニターを紹介したいと思います。

この記事はこんな人に向けての内容です
  • パソコン画面をケーブル一本で拡張するモバイルモニターが欲しい
  • 出張や旅行先でPS4とか持ってきたけど繋げなくて困る
  • 子供や家族にテレビを取られてゲームができない
  • 子供たちにswitch等のゲームさせたいけどドックでは画面が小さくて目が悪くなりそう

結論から言うと

こんな人にはオススメです。

  • 画面解像度はFullHDで十分
  • USB-C対応でケーブル一本で拡張したい
  • 軽量で15インチクラスを探している
  • スピーカーは必要
  • 非光沢IPSパネルがいい
  • 応答速度は5msで十分
  • 2万円以下で探してる

ざっくりこのようなスペックを

探している人には満足する商品です。

cocopar って何?大丈夫なの?って

私も最初は不安でしたが特別今のところ

壊れたとか、初期不良はありません。

そもそも上のスペックはほとんどの方に

満足するものだと思います。

外観やスペックを見ていきましょう

画面サイズ15.6 インチ
解像度1920×1080
重量1250g
パネルIPS非光沢ノングレア
応答速度5ms
スピーカー内臓
輝度350cd/m2
コントラスト比1000:1
金額\19,800くらい

2万円以下でこのスペックは最近増えてきてとても助かります。

Amazonでは\3,000OFFクーポンとか

でるのでその時に買えばお得ですね。

このようなスリーブケースがついてきて

同梱物としては下記のようになってます

最低限の物は入ってますのですぐ使い始めれます。

  • 5V/2Aの電源アダプタ
  • USB-C-Cケーブル
  • USB-C-Aケーブル
  • HDMI-miniHDMIケーブル

左側面にはイヤホンジャックと音量や輝度調整ダイヤル

電源ボタンがあります。

厚みはとても薄いですね。厚いところで1cmくらいで

薄い部分だと5mmくらいかな。

右側面にはminiHDMI、USB-Cポート×2

よしか
よしか

miniHDMIではなくて

通常のHDMIが欲しかった

このようにスタンドにもなるカバーで立てます。

一応2か所溝がありそこに引っ掛けて立てるのですが

正直写真の位置でしかまともにたちません(´;ω;`)

そこまで滑り止め強くないのでこれでも結構倒れます。

何か滑り止めを貼りたいけども

カバーにもなってるから貼ると

画面に傷つけそう

なのでこんな感じで先を折ると

まだましな気がします。

もしやこれが正式なスタイルなのだろうか・・・

裏側にはスピーカーと

VESA標準75mm×75mmの取付穴があります。

縦置き表示もできるとのことですが

正直うまくできないです。

恐らく縦にした状態でUSB-C繋いだら設定が出てくるんですが

それからの操作がめちゃくちゃしにくい

もはやできないものと思った方がいい。

USB-Cでパソコンと接続

まずは標準的な使い方、パソコンとの接続

を見ていきます。

USB-Cケーブル一本で問題なくつながります。

これがメインの使い方なのでとりあえず一安心。

画面の色合いは少し黄色っぽい、輝度はちょっと暗め。

普段使いにはまあ妥協はできる。

ただ問題なのは接続する度に設定がリセットされてること

これは少し残念。

モニターにswitchをつないでみる

これも目的の一つであったが

switchからモニターにUSB-Cで

繋いでも信号なしで映りません。

ただこの件はネットにも書いてあったので

想定内でもある。

この通りモバイルモニターに対して

電力不足で映りません。

なのでモバイルモニターのもう一つのUSB-Cポートに

付属の電力アダプタでコンセントから給電してあげましょう。

オススメですはモバイルバッテリーで

給電する方法です。

これだとモバイル性を失わずにどこでも

画面を拡張できます。

このモバイルバッテリーについては下記を参考下さい。

RAVPower RP-PB201をレビュー PD対応大容量モバイルバッテリーのおすすめ!
仕事先や旅行先でスマホやパソコンの充電が切れそうなときに充電するコンセントがない時困りますよねー。そんな時に大活躍スマホやタブレットだけでなくパソコンも充電できるパワーデリバリー対応のRAVPower RP-PB201を紹介したいと思います。

この通り今度はモニターを通じて

switchに給電しています。

よしか
よしか

ただこの程度ではほとんど

充電できてはいないと思いますが

モニターにPS4は?

これについてはUSB-CがPS4側にないので

モニター付属のminiHDMI-HDMIケーブルでつないだ後

付属のUSB-A-Cケーブルで

PS4のUSBポートからモニターのUSB-Cポートに給電

したげて下さい。これで映ります。

Amazonプライムスティック等は

これも問題なくつながりますが

switchの時と同じようにモバイルバッテリー

でモニターに給電しつつ、プライムスティックにも

モニターUSB-Cポートからかモバイルバッテリー側から

給電しましょう。

他製品と比較

ほかの似ている製品と比較すると

わりとコスパがよくて性能がまとまってますね。

他社製品よりオススメです

cocopar 15.6インチI-O DATA EX-LDC161DBMASUS MB16ACE
画面サイズ15.6 インチ15.6 インチ15.6 インチ
解像度1920×10801920×10801920×1080
重量870g730g700g
パネルIPS非光沢ノングレア広視野角ADSIPS
応答速度5ms4ms5ms
スピーカー内臓内臓
輝度350cd/m2250cdm2250cdm2
金額\19,800くらい\25,000くらい\31,500くらい
よしか
よしか

スピーカーの有無だったり

パネルの種類だったり

細かな部分で差があるので

よく検討しましょう

まとめ

  • メリット
    • コスパはいい
    • 性能は標準的にまとまっている
    • 非光沢IPSで見やすい
    • スピーカーがある
    • 軽量で付属品が一通りついてくる
  • デメリット
    • 縦置きしにくい
    • 接続の度に設定がリセットされる
    • スリーブの画面固定溝が滑りやすい
    • 画面が少し黄色っぽい

こんな感じですが、デメリットがそこまで

気にならないと思えるほど必要な性能はまとまって

かつコスパがいいので、FullHDで問題ない人には

オススメです!

個人的にはバッテリー内臓や、タッチパネル対応は

必要ないと思ってますので

必要ある人は探してみるといいでしょう~

自分にあった性能とコスパのバランスを

是非見つけていい製品に出会いましょうー!

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました