RAVPower RP-PB201をレビュー PD対応大容量モバイルバッテリーのおすすめ!

ガジェット
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、よしかです。

仕事先や旅行先でスマホやパソコンの

充電が切れそうなときに充電する

コンセントがない時困りますよねー。

そんな時に活躍する

スマホやタブレットだけでなくパソコンも

充電できるパワーデリバリー対応の

RAVPower RP-PB201を紹介したいと思います。

これで出先のあらゆる場所で充電に困る

事はなくなります!

外観とスペック

外観はマットな加工がしてあり

指紋が目立ちにくいように

なっています。

同梱物としてUSB-C to C ケーブルが

ついてきます。

寸法15.2 x 6.7 x 2.5 cm
重量371.7 g
容量20,000mAh
入力最大30Wの急速充電対応
出力USB-Cは最大60WのPD充電対応
USB-Aは最大18Wの急速充電対応

スペックはこんな感じで

私の購入の決めての条件は

  • 入力がUSB-Cで急速充電対応
  • 出力はUSB-AとUSB-C両方に対応
  • USB-C出力はPD60W対応
  • 容量は20,000mAh

側面にはUSB-AとUSB-C端子が

並んでいます。USB-Cは入力と出力

双方向に対応しています。

容量からしたら厚みは薄い方ですが。

まぁまぁずっしりきます。

底面にはバッテリー残量を示す

ゲージがあります。

最大60WのPD対応

これを求めた理由として

出張や旅行先で重くてかさばる

ACアダプタを持ち歩きたくなかったからです。

実際に私はsurface pro7で使えるものを探してました。

純正充電器の出力は15V/4Aなので60Wあれば充電できます。

よしか
よしか

surfacebookとかは100W越えの

充電器なので充電できません。

100W越えの充電器は弁当箱みたいな

ACアダプタになりますよね・・・

この通り約20V/2Aで40Wで充電しています。

常に60Wで充電するわけではありません。

自分で出力を調整して充電します。

この時surfaceのバッテリーは50%で

充電完了まで47分と表示されたいました。

パソコンがモバイルバッテリーで充電できるのは

最高ですね。ちなみに

ニンテンドースイッチ15.0V /2.6Aで39Wなので

充電できます。

他の製品では

Anker PowerCore III 19200 60W

が似たような競合製品で比較すると

RP-PB201Anker PowerCore III
寸法15.2 x 6.7 x 2.5 cm16.9 × 7.9 × 2.2cm
重量371.7 g約422g
容量20,000mAh19,200mAh
入力最大30W最大60W
出力USB-Cは最大60WのPD充電対応
USB-Aは最大18Wの急速充電対応
USB-Cは最大60WのPD充電対応
USB-Aは5V/3A(各ポート最大2.4A)

ANKERも有名なブランドで

問題ないのですが重量やサイズなどの観点から

RP-PB201を選びました。

ANKERをもう少し知りたい人は下記のリンクを。

アンカーの公式サイトはこちら

モバイルバッテリー選びの気をつけるポイント

選ぶポイントで

以下のような事に気を付けましょう。

安全性

よく膨張したとか、発火したとか

話題になったりしますので特に安全性は大事です。

  • PSE、FCC、RoHSなどの認証をクリアしている
  • 過充電保護、過放電保護、過熱防止、漏電保護などがある
  • ANKERやRAVPowerなど知名度の高い製品を選ぶ
  • 長期間の製品保証がある

PD対応か

パソコンやニンテンドースイッチなど

高出力を要求するものを充電する

事があるならばPD対応を選ぶ。

入出ポートの種類、数

入力ポートはUSB-Cのタイプを選びましょう

出力が高速でも入力が遅いと充電に時間がかかります。

ぽ出力ポートはUSB-CとUSB-Aの2種類あるものを選ぶ。

USB-Cのみ、USB-Aのみはやめておこう。

バッテリー容量をチェックしよう

自分にあったバッテリー容量を選定しよう。

  • 普段使いなら
    • 5000mAh~10,000mAh
  • 旅行、出張用なら
    • 20,000mAh

というような感じです。

容量の多さでモバイルバッテリーの

重さも変わるので気を付けましょう。

気になるポイント

よくある疑問で困ること

といえば

飛行機に乗る時

これは手荷物として預けれないので

機内持ち込みとして飛行機に持って乗りましょう。

よしか
よしか

気圧の変化でバッテリーが

膨張したりするからかな

ただし国内線は大体160Wh以下でないとだめです。

また100Wh以上は2個までとなっています。

詳しくは各航空会社の規約を確認しましょう。

捨てるとき

これも結構困りますよね

普通には捨てれません。

誤った処分をしないように気を付けましょう。

  • 家電量販店のリサイクルボックスに出す
  • リサイクルショップに買い取ってもらう。
  • 市役所やイオン等においてある回収ボックスなど

まとめ

RAVPower RP-PB201はこんな人にオススメ

  • スマホやタブレットだけでなくPCも充電したい
  • 本体も高速充電したい
  • 60WクラスのPD出力対応が必要
  • USB-AとUSB-Cがそれぞれほしい
  • 安全性の高いものがいい
  • 重さよりバッテリー容量が多い方がいい

いかがだったでしょうか?

私自身は出張や旅行が多いので

そのような機会にはとても重宝しています。

普段使いように5000mAhとかの

小容量の製品と使い分けるのもありだと思います。

強いて言えばもう少し値段が安ければ

いうことないのですが。

皆さんも出張や旅行先用に

検討してみてはどうでしょう~みんなの物を

たくさん充電できますよ!

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました