USB-Cハブのオススメ!Anker PowerExpand+ 7-in-1 をレビュー

ガジェット
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、よしかです。

USB-Cの台頭で

年々パソコンの端子は減っていて

下手したらUSB-Cしかないなんてことも

増えてきています。

USB-C自体はすごいいいものなのですが

LANケーブルを有線でつなぎたかったり

USB-AやHDMIもまだまだ必要ですよね。

そんな時に役立つのがUSB-Cハブ。

今回はAnker PowerExpand+ 7-in-1を

紹介したいと思います。

外観とスペック

ではまず外観から見ていきます。

種類的にはUSB直刺しタイプではなく

リード線タイプとなっています。

これについては好みがわかれるところですね。

質感はマットな感じで、指紋とかは目立たないです。

側面にはUSB-A3.0が二つ

反対側にはHDMIとSDカード

microSDカードとUSB-C PDポートと並んでいます。

そしてLANポートとなっています。

全部で7ポートとなっています。

USB-Cからこれだけの物を接続できたら

助かりますよね。

スペックは下記のようになっています。

サイズ約117 x 53 x 16 mm
重さ約114 g
USB-C PD●(60W)
LANポート
USB-A●(2)
HDMI
SDカード
microSDカード
保障18ヵ月+6ヶ月

私の選んだポイントは以下の点です。

  • LANポート
  • HDMI
  • SDカード
  • USB-C PD対応

なので必要な条件はクリアしています。

ただスペック上なので詳しく見ていきます。

USB-Cハブの消費電力

結構大事なのが

このUSBハブ自体の消費電力なのです。

消費電力が高いと接続しているものによっては

反応しなくなったり

せっかくUSB-C PD60Wで給電しても

USB-C出力が60Wで出力できなくて十分な

充電ができなくなったりします。

このようにSDカード、USBストレージ

LANケーブルを繋いだぐらいでは問題なく

動作します。

ではもっと繋ぎます。

  • SDカード
  • USBメモリ
  • LANケーブル
  • ガラケーの充電(USB-A)
  • WiFiルーターの充電

これだけ繋いでもとりあえず動作にも問題なさそうです

USB-Aも5V/1A 出てるので

普通の充電器くらいの出力は出ています。

モバイルモニターを繋いでみる

上記に加えて消費電力高めの

モバイルモニターを接続してみます。

このようにパワーセーブになり

画面が表示されません。

これはUSB-Cハブの電力消費で

モバイルモニターの必要な電力に達しなかったためです。

一応公式では12W消費するとなっています。

ちなみにこのように

USB-Cでモバイルモニターに給電し

HDMIで映像出力すると移ります。

セルフパワーのみでは厳しいそうなので

こういう時はUSB-Cハブに給電してあげて

HDMIで出力しましょう。

よしか
よしか

USB-Cが二つあれば

よりすっきりするのですが

他製品との比較

ではほかの同じような製品も見ていきましょう。

Anker PowerExpand
+ 7-in-1(60W)
Anker PowerExpand
+ 7-in-1(100W)
Satechiスリム マルチ
USB-Cハブ(60W)
サイズ約117 x 53 x 16 mm??? x 55 x 16 mm132 x 33 x 13 mm
重さ約114 g140g92 g
USB-C PD●(2)
LANポート
USB-A●(2)●(2)●(2)
HDMI
SDカード
microSDカード
保障18ヵ月+6ヶ月18ヵ月+6ヶ月
金額\4,800ほど\6,000ほど\8,800ほど
消費電力12W20W

100W給電タイプが欲しい場合は

そのタイプを選ぶといいと思います。

LANポートがない代わりにUSB-Cが増えます。

必要に応じて選びましょう。

100Wタイプになると、当然値段も上がり

本体の消費電力も上がります。

100WタイプのPD対応充電器も必要になるので持ってる方には

いいかもしれません。

Satechiもいいけど

値段が高いですね

かっこいいけど

充電器は適正なものを選ぼう

60Wタイプの物には60Wタイプを

100Wタイプには100Wとそれぞれに見合ったものを

選びましょう。

まとめ

以上を踏まえてまとめると

Anker PowerExpand+ 7-in-1の

  • 良いところ
    • 7ポートと必要なものがほとんどある
    • 値段が他のと比べると安い
    • トラベル用の袋がついている
    • そこそこコンパクト
  • 微妙なところ
    • 消費電力が結構ある
    • 質感は特別高くはない

自分に必要なポートがまずあることが

大事なので、まずはそれを確認しましょう。

多機能でPDのW数が多いほど値段も

上がりますので必要以上に

高いものを選ばないように気を付けましょう。

それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました