テレビも音楽もHi-Fiクオリティで聴こう!HDMI入力のあるおすすめプリメインアンプ4選。

オーディオ
スポンサーリンク

「テレビや音楽、ゲームの音をいい音で聴きたい」
「でも家族もいるので操作を複雑にしたくないし、ホームシアターもする気はないんだよね」

テレビをいい音で聴こうとすると、AVアンプやプリメインアンプを使い外部スピーカーを使うのがセオリーです。

でもAVアンプだとプリメインアンプより音質は良くない、プリメインアンプだと光ケーブル接続になりDACが別途必要だったりしますよね。

よしか
よしか

それにプリメインアンプを使うとどうしても、テレビ音声を光ケーブルで送る必要があり、リモコンを音量用と画面セレクト様に二つ使うことになります

これではオーディオに興味のない家族から不評になるばかりです。

光出力がなく、HDMI出力しかないテレビもあるよね

ARC機能があるAVアンプを使えばいいのですが、AVアンプの音はプリメインアンプの音には全然かないませんし、多機能なため初心者には驚くほど設定項目があり正直めんどくさい。

そんな「いい音も、操作性も妥協したくない人」にオススメなのが

ARC対応のHDMI入力をもったプリメインアンプ」なんです

これを使えばリモコンも一つで済みますし、音楽もテレビの音もHi-Fiクオリティで再生できますよ!

\オーディオ専門店ならではの安心の高額買取!掘り出し物も見つかるかも!/

テレビとプリメインアンプの接続に必要な機能や選び方のポイント!

まずARC対応のプリメインアンプの選ぶポイントでは

【必須】

  • ARC、(eARC)機能に対応

【あった方がいい】

  • CEC機能に対応
  • ネットワークプレイヤー機能
  • BluetoothやAirplayに対応

【あったらいいな】

  • トリガー出力を持っていること

ARC、eARC機能に対応していること

ARCとはテレビの音声をHDMIケーブル1本で、AVアンプやサウンドバーなどに伝送できる機能です。

よしか
よしか

通常、テレビの音声をアンプ等に送るときは、HDMIケーブルとは別に光デジタルケーブルなどを使いテレビとAVアンプを接続する必要があります。ARCに対応していればHDMIケーブル一本でOKです。

YAMAHAホームページより引用

大事なのはアンプ側、テレビ側両方がARC、およびeARCに対応していること

またこれの上位互換としてeARCというのがあります。

eARACって?

eARCと従来のARCの拡張版です。ARCでは伝送できなかった非圧縮5.1ch / 7.1chや、HDオーディオ(Dolby AtmosR、Dolby TrueHD、DTS:X™、DTS-HD)などを伝送可能

ただ今回はホームシアターをしない、AVアンプを使わないという前提なのでARCにのみ対応してればいいです。

よしか
よしか

そもそも今回の場合は、テレビ側の設定はリニアPCM(2ch)で、Dolbyオーディオやビットストリームにする必要はないです。

CEC機能に対応していること

CEC機能とは便利機能の一つで、テレビとアンプやレコーダーなどの機器間で制御信号をやり取りすることにより、お互いを操作するリンク機能の事です。

CEC機能でできる一例
  • 接続したテレビのオン/オフを連動させられる
  • テレビのリモコンで接続機器の音量調整など
よしか
よしか

これによりリモコン二つ問題、電源の入り切り問題は大体解消されます。ただメーカーにより連動に不具合もある場合もあるので注意。

BluetoothやAirplayに対応

あるとうれしい機能はやはり双方向のBluetooth対応。

Bluetoothの双方向の通信とは、受信もできるし送信もできるという意味合い。

例を挙げると、スマホなどから音楽をプリメインアンプで再生できますし、プリメインアンプの音をBluetoothヘッドホンなどで再生することができます。

よしか
よしか

とは言えせっかくの高音質システムを作るなら、ネットワークプレイヤーの機能を持っているものをおススメします。AmazonmusicやTIDAL、Roon対応品などであればいいですね。

トリガーOUT出力を持っていること

あったら便利機能がこのトリガー出力です。この機能を利用すれば色々な動作が連動してできます。

TRIGGER IN端子を持っている機器とを接続すると、その機器の電源をOUT側の機器の操作に連動させてオン/スタンバイすることができます。最大12V/150mA出力などの基準があるので動かす機器側を確認しよう

よしか
よしか

CEC機能と似ているね、使い方の例は電動プロジェクターの電源ONや、サブウーファーの電源ONなどですね。

HDMIケーブルを確認しよう

HDMIケーブルには規格があります。間違ったものを使うと信号が入出力されませんので、購入には注意しましょう。

HDMIの種類は3つで以下のような特徴です

  • HDMI1.4
    • フルHD対応、フレームレートの低い4K映像にも対応、最大伝送帯域10.2 Gbp
    • 名称はハイスピードケーブル
    • ARC非対応
  • HDMI2.0
    • 本格的に4K映像に対応、最大伝送帯域18 Gbps
    • 名称はプレミアムハイスピードケーブル
    • ARC対応、eARC非対応
  • HDMI2.1
    • 非圧縮で8K対応、高解像度、最大伝送帯域48 Gbps
    • 名称はウルトハハイスピードケーブル
    • eARC対応

今回はリニアPCM2chで送るので、HDMI2.0に対応のプレミアムハイスピードケーブルを選びましょう。

よしか
よしか

HDMI2.1のウルトラハイスピードケーブルを選んでも互換性あるので構いません。

注意すべきこと

入力信号がPCM2chのみなのか気を付けよう

このARC対応HDMI入力を持つプリメインアンプは、ドルビーデジタル、DTS、AACなどリニアPCM以外の信号をいれると、スピーカーからノイズが発生し最悪スピーカーが壊れるものもある。

よしか
よしか

わからない場合は必ずテレビ側のオーディオ出力は、リニアPCMにしておこう。おそらくPCMもしくはDolbyオーディオ、ビットストリームなどの表現になっているはず。

DACやネットワークプレーヤー性能はそこまで高くない

上位機種以外は基本的には専用のDACや、ネットワークプレーヤーの機能よりは劣ります。

多機能であるほど各々の機能は落ちていきます。

よしか
よしか

特にDSD未対応の機種もあるので気を付けよう

簡単な一例をあげるとこんな感じ、自分の求める機能を確認しよう。

ZENDACbluesound POWERNODE
フォーマットPCM 44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz
DXD 352.8/384kHz
DSD 2.8/3.1/5.6/6.2/11.2/12.4MHz
PCM最大192 kHz
MQAフルデコードで対応フルデコードで対応
金額22,000円130,000円ほど

それでは実際の商品を見ていきましょう。

\フリマアプリで梱包や配送が面倒な商品を売りたい方はこちら/ オーディオ高く売れるドットコム

エントリークラスのおすすめプリメインアンプ!Marantz NR1200

Marantz NR1200はHDMIセレクター搭載の先駆者として2019年に発売されました。

ハイパワーアンプ搭載(100W×2チャンネル)を搭載しパワフルな再生と、ダブルディファレンシャル回路の採用によりノイズを低減して、よりクリアな音声の再生を実現します。

特徴的なのはHDMI入力が他とは違い、5つもあることなんです。

Marantz公式サイトより
よしか
よしか

AVアンプのように集約し、多彩なリスニングスタイルに対応してる。またCEC機能にも対応の為、テレビのリモコンでNR1200の音量操作も可能

HDMI端子はARCでeARCには対応していません。

全てのHDMI端子が4K/60p/3D/ALLM/ARC/CEC/HDR10/HLG/BT.2020/HDCP 2.3に対応。AVアンプのように4K 60p、4:4:4、24bitの映像処理に対応しています。

元の解像度のまま映像処理をおこなうことで、色の情報密度も階調性も画質を損なうことなく、テレビへ出力しますので幅広いコンテンツを高画質高音質で楽しめます。

Marantz公式サイトより
主要スペックNR1200
定格出力75W+75W(8 Ω、20 Hz ~ 20 kHz、THD 0.08 %
100W+100 W (6 Ω20 Hz ~ 20 kHz、THD 0.7 %)
ARC
CEC
入力アナログ×3、Phono(MM)×1、光デジタル×1、同軸デジタル×1
出力サブウーハープリアウト
ヘッドホン
BluetoothBluetooth4.1 送信、受信 
対応コーデック SBC
Wi-FiIEEE 802.11a/b/g/n準拠
ネットワーク再生「HEOSシステム」Amazon Music HD、Airplay,Spotify
AmazonALEXA対応
最大外形寸法W440 x H105 x D378 mm
質量7.9 kg
金額¥64,000ほど

もちろんBluetoothも送信、自身双方向に対応。スマホから音楽を再生したり、Bluetoothヘッドホンに音を送信することも可能

夜のリスニングにも最適

よしか
よしか

アナログ入力も3系統あるので、CDプレーヤーやレコードプレーヤーも繋げます。ただBluetoothが4.1だったり、コーデックがSBCだったり規格は少し古い

HEOSアプリを使い、NASやUSBメモリ内の音源もネットワーク経由で再生可能。

再生可能サンプリング周波数
  • 24bit /192kHzまで
  • DSD2.8 /5.6MHz

リビングHi-FIオーディオの新しい音楽スタイル!BLUESOUND POWERNODE

BLUESOUND POWERNODEは、ストリーミング時代のために再構築されたHiFiアンプです。

スピーカーを追加するだけでBluOS Controllerアプリを使い、手持ちのハイレゾ音源やAmazon music、TIDAL、Spotifyなど様々なストリーミング再生をワイヤレスにマルチルームでどこでも体験できるようになります。

コンパクトな外観なのに、チャンネルあたり80WのHybridDigital™アンプ・テクノロジーにより、手持ちのピーカーを余裕をもって駆動できます。

サブウーファーを追加すれば、高音質な2.1Chのシステムが完成するね

主な主要スペックはこちら。アンプとDAC一体式で、デジタル出力はありませんので、外部DACは使えません。

主要スペックPOWERNODE
定格出力80W×2 (8Ω@40Hz-20kHz)
ARC〇(eARC)
CEC
入力HDMI eARC × 1、ミニTOSLINK/3.5mmステレオコンボ×2
USB-A(外付けドライブ用)、LAN、Wi-Fi× 1、Bluetooth
出力サブウーハープリアウト
ヘッドホン
BluetoothBluetooth 5.0 aptX HD
2ウェイ(送信・受信)
Wi-FiデュアルバンドWiFi+Gigabitイーサーネット
ネットワーク再生AirPlay 2、Spotify Connect、Tidal Connect、Roon Ready
AmazonmusicHD
最大外形寸法220 x 70 x 190 mm
質量1.78 kg
金額¥130,000ほど
よしか
よしか

CEC機能があればよかった。でもblueOSで出力固定ができれば音量操作できるのかな?

カタログでもわかる通り多彩なコネクティビティが特徴のひとつ。

豊富な入力により、できないことはほぼありません

  • HDMI eARC
  • デュアルバンドWi-Fiとギガビットイーサネット
  • Apple Airplay 2、2ウェイaptX HD Bluetooth
  • アナログRCA
  • Tos-Linkオプティカル
  • 3.5mmジャック
  • USB Type A

BluOS Controllerアプリを使って、家中の複数のBluesoundスピーカーにシームレスに接続可能。なマルチルーム・ミュージックシステムを構築できます。

BLUESOUND 新POWERNODE [第4世代]
おススメポイント!
  • MQAにフルデコードで対応
  • 高音質再生ソフト「Roon」に対応
  • Amazon Music、TIDAL、Qobuz、Spotifyのストリーミング再生に対応
  • 複数のBLUESOUND POWERNODEと同社のPULSE FLEX 2iを使用しワイヤレスホームシアターシステムにも発展可能

MQAは「Master Quality Authenticated」の略で高音質、低容量、高再現性の特徴を持つ独自の折りたたみ方法の音楽ファイルです。

ファイルサイズが小さいのに高音質なのが特徴。通常は3つのステップが必要なのですが、フルデコードで対応とはこれを一つの機器で一度に展開できるということ。

またTIDALなどMQAのストリーミング音源に加えて、MQA未対応のCDプレーヤーでも光ケーブルで接続すればMQA-CDも再生可能。

MQA-CDプレーヤーはかなり高額なのでMQAフルデコードはかなりうれしい機能。

Amazonmusicに対応なのはうれしいね!でもRoonって?

Roonとは総合音楽再生ソフトのことで、独自のネットワーク技術を用いて高音質を再現でき昨今のストリーミング再生においてとても注目されています。

個人的に面白いなと思うのが、複数のBLUESOUND POWERNODEと同社のPULSE FLEX 2iを使用したワイヤレスホームシアターシステムにも発展可能なこと。

よしか
よしか

Hi-Fiオーディオもホームシアターもあきらめたくない人にはおススメ。セットアップも独自のBluOSアプリで簡単にできます。

公式サイトより

DSD音源の再生には対応してないので注意しましょう。

リビングのすべての音をハイクオリティにMarantz MODEL40

公式サイトより

MarantzのネットワークプリメインアンプであるMODEL40

カラーはシルバーブロンズとブラックの2色展開で希望小売価格は ¥ 286,000(税込)

HDMI ARC 回路の高音質化チューニングにより、他のデジタル入力同様の高音質を実現。

HDMIコントロール機能(CEC)にも対応。テレビと電源ON/OFFを連動、テレビのリモコンでMODEL 40nの音量を調整したりすることができます。

よしか
よしか

見た目もかなりエレガントで、リビングにおいてとても所有欲を満たせます。

主要スペックMarantz MODEL40
定格出力100 W + 100 W(4 Ω、20 Hz – 20 kHz)
70 W + 70 W(8 Ω、20 Hz – 20 kHz)
ARC
CEC
入力アンバランス × 3、PHONO(MM) × 1、
POWER AMP IN × 1、HDMI ARC × 1、
同軸デジタル × 1、光デジタル × 1、
USB-A × 1、Wi-Fi× 1、Bluetooth
出力サブウーハープリアウト × 1、
RECアウト× 1、ヘッドホン × 1
ネットワーク再生「HEOSシステム」Amazon Music HD、Airplay,Spotify
AmazonALEXA対応
最大外形寸法W443 x H130 x D432 mm 
質量16.7 kg
金額¥ 250,000ほど

ワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」でネットワークオーディオ機能を搭載。

Amazon Music HDをはじめとした、様々な音楽ストリーミングサービスを利用可能

NASやUSBメモリ等の音源再生はDSDにも対応、より高音質に再生できます。

再生可能サンプリング周波数
  • PCM 32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz
  • DSD 2.8/5.6MHz
よしか
よしか

デジタル出力はないので、外部DACは使えません。

ドルビーデジタル、DTS、AACなどリニアPCM以外の信号は入力しない。ノイズが発生し、スピーカーが破損する恐れがあります。

ARC経由でのテレビ音声の再生は、テレビの設定で音声フォーマットを“PCM 2ch”に設定しよう。

よしか
よしか

これ実際にやっちゃいましたけどすごいノイズが発生します。

最厚部5.7mmの高剛性なアルミパネルを採用、メインシャーシに加えて3mm厚の底面のプレートを追加。細部に至るまで徹底した改善を行い、上位モデルに匹敵する堅牢さを実現しています。

電源にはクラス最大級のトロイダルトランスと、マランツ専用カスタムコンデンサーを搭載。ハイスピードかつ余裕のある電源供給を実現しています。

ARCAM SA30 ステレオ インテグレーテッド・アンプ

ARCAMサイトより

英国・ケンブリッジ生まれのオーディオブランド「ARCAM」

専用に設計された120Wもの出力をもつ、高効率クラスGアンプが搭載され、様々な高精細オーディオフォーマットにも対応。

アナログ入力 5系統、デジタル入力 4系統とかなり豊富な入力を搭載。ARC/eARC対応端子ももちろんありテレビの音も高音質再生します。

ARCAMサイトより

ESS社のハイエンドDAC「 ESS9038K2M」を搭載し32bit-192Hzのフォーマットに対応。またMQAフルデコードで対応していますので、MQAオーディオファイルやストリームの再生が可能。マスタークオリティの音源が楽しめMQA-CDの再生も可能にします。

主要スペックARCAM SA30
定格出力定格出力8Ω時 120W、4Ω時 220W
ARC〇(eARC)
CEC
入力アナログ入力 5系統 (MM/MC切替対応PHONO入力端子含む)
デジタル入力 4系統(USB、RS232、同軸デジタル ×2、光デジタル × 2)
Wi-Fi× 1
出力プリアウト × 1、
ヘッドホンジャック × 1
ネットワーク再生Google Cast, AirPlay 2, uPnP ストリーマー
最大外形寸法433x100x323mm
質量13.8kg
金額¥ 290,000ほど

ネットワークプレーヤー機能はありませんので、注意しましょう

created by Rinker
アーカム
¥266,999 (2022/09/27 15:26:14時点 Amazon調べ-詳細)
高く売って賢く買い替えよう!無料査定はこちらから

まとめ

いかがでしたか?「ARC機能のHDMI入力を持つプリメインアンプ」というジャンルはプリメインアンプの高音質とAVアンプの機能性をあわせもつ画期的なジャンルだと思います。

よしか
よしか

リビングオーディオとしての利便性はかなりすごい、家族誰でも使いやすく設計されています。

他にもオススメのアンプはこちらで紹介しています。

ARC対応HDMI入力を持つプリメインアンプ特徴
  • 再生可能なサンプリング周波数は最大24bit、PCM192Hzが多くDSD未対応のものもある。
  • ARC対応でテレビの音をHDMIケーブル一本で出せる
  • 入力可能な信号はリニアPCM2chと限定されているものがあり注意。可能ならばテレビ側の音声出力はPCM2chにすべき
  • デジタル出力はできないものが多い
  • ネットワークプレーヤー機能がついているものが多い

しかしながら、特化してるDACやアンプ、ネットワークプレーヤーには少し劣る部分もあるので、音質か操作性か自分の求めるとこを確認しましょう。

MarantzNR1200に向いてる人
  • テレビにHDMI入力が少ない
  • HEOSシステム」Amazon Music HDを聴く
  • MQAやRoonなど使わない
  • できるだけ安い方がいい
bluesound PAWER NODEに向いてる人
  • DSDには未対応で良い
  • AmazonmusicもRoon再生もしてみたい
  • MQAファイルも再生してみたい
Marantz MODEL40Nに向いてる人
  • HDMIコントロール機能(CEC)がいる。音量操作もテレビのリモコンでしたい。
  • 「HEOSシステム」Amazon Music HDを聴く、
  • Roon再生やMQAには興味がない人
ARCAM SA30に向いてる人
  • アナログ入力、デジタル入力が多く必要
  • ネットワークプレーヤー機能はいらない、高音質を優先
  • MQAファイルも再生したい
created by Rinker
アーカム
¥266,999 (2022/09/27 15:26:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました