【レビュー】究極の時短アイテム ルンバi3+ の使い方やメリットデメリットは?

暮らし
スポンサーリンク

ルンバi3+って何ができるの?

使い方や使用間はどんな感じ?

悪い事をしてもなんか憎めない、
お掃除ロボット界の「ロン」ことルンバ

「上位機種のi7はちょっと高すぎる」
「ちゃんと掃除してるか気になる」
「毎回ごみ捨てはめんどくさいんだよね」

こんな感じでエントリー機種のe5と、上位機種のi7のと中間のi3やi3+を選ぶ人は多いかと思います。

よしか
よしか

2LDKや3LDKという3~4部屋にオススメで家族持ちにもちょうどいいポイント

そこで今回は実際にi3が気になるんだけど、実際にどんなことができるのか?使い方とかは難しい?i3とi3+はどっちがいいの?

というような使用感をレビューしていきます。ルンバを使いこなして有意義な時間を生み出しちゃいましょう~

ルンバi3+のできること

まずルンバは種類がいっぱいあり、何を選んでいいのかわからないって人も多いかと思う。ざっくり何ができるの?ってところを説明していきます。

ルンバi3+のできること!
  • 3~4部屋の掃除
  • フローリングやラグ、カーペットの掃除
  • 最大60日分のゴミをクリーンベース(自動ゴミ収集機)に収納可能。
    • 毎回のごみ捨てがいらない
  • amazon Alexoなどの音声アシスタントに対応し音声操作が可能
  • 拭き掃除用のブラーバ ジェット m6との連携
  • 清掃履歴のマッピング

個人的に思うのは上位機種にi7とi9があるのだけども、基本的にそんなにできることは変わらない

一つ一つの機能がよくなり吸引力が10倍や40倍と言われても、もともとルンバを持ってない人からすれば、i3でも十分部屋は十分きれいになってるのでその差はわかりづらい。

よしか
よしか

間取りの学習機能で特定の部屋を掃除とかは魅力的だけど、ある程度バーチャウォールで対応できるし、広すぎなければもはや全部掃除でいいのでは?と思う

学習機能と特定の掃除のために、倍近い金額を払うのはちょっと・・・2台買えそう

ならば気を付けるべきは下位機種のe5や693との違いを知るべきだと思う。なぜならこの間には明確にやれない事があるからだ

            i9+ i7 or i7+i3 or i3+e5693
間取り5部屋以上5部屋以上 3~4部屋 1~2部屋1~2部屋
床材フローリング
カーペット
ラグ
フローリング
カーペット
ラグ
フローリング
カーペット
ラグ
フローリング フローリング
ごみ捨て数か月に一回i7+は数か月に一回
i7は毎回
i3+は数か月に一回
i3は毎回
毎回 毎回
間取り自動学習×××
清掃履歴のマッピング××
スケジュール
絡まりにくいゴム製ブラシ
×
音声アシスタント操作
ブラーバジェットとの連携〇        ××
価格       ¥186,780¥109,868(i7)
¥142,868(i7+)
¥49,800(i3)
¥79,800(i3+)
¥39,800 ¥39,800
グレードによる機能の違い
よしか
よしか

ポイントは何ができるか?ではなく何ができないかということ。4LDK以上は上位を選ばざるを得ないかもだけどね

大前提は部屋数だけど、部屋数以外で、i3+かi3,e5,694と悩むなら自分にこんな感じで問いかけてみよう

  • 毎回掃除完了ごとにごみ捨てないといけないけどいい?
  • 全部ちゃんと掃除してるか、どこでエラーで止まりやすいかしらなくていい?
  • 床拭き掃除のブラーバジェットと連携掃除はできなくていい?
  • フローリングしか掃除できないけどいい?

それは嫌だなと感じたらi3+を選択した方がいいかもしれない

またルンバとechoシリーズとの連携は本当に便利です!「アレクサ、掃除して」で掃除を始めてくれます。

掃除機 ルンバI3+ iRobot ロボット掃除機(グレー) アイロボット ルンバ Roomba i3+ [ルンバI3]

複数の部屋はの掃除は可能?掃除時間はどれくらいなの?

公式サイトではi3シリーズは3~4部屋の広さでオススメとなっているが、本当にそうなのか気になると思うので、とりあえず一週間使ってみた結果を見てみよう。

私の部屋間取りはこんな感じです。2LDKでリビングにルンバの家を設置しています

1週間使った結果、エラーは二回。その他は特に問題ない

掃除面積(㎡)2420252323242322
時間1時間4分 2時間 44分49分46分34分44分1時間59分
清掃時間1時間4分34分44分49分46分34分44分1時間31分
充電時間0分0分0分 0分 0分 0分0分17分
一時停止時間0分1時間30分0分 0分 0分 1分0分11分
開始方法アプリボタンボタンボタン ボタンアレクサボタンボタン
エラーなしありなしなしなしなしなしあり

ソファーやベットの下もちゃんと掃除できてる。マッピングは基本こんな感じに映り、浴室の中まで入ってしまった(笑)

エラーの原因
  • 扉に挟まり立ち往生による停止
  • 大きいサイズの長い紐状のごみに絡まりバッテリー低下で停止
よしか
よしか

どちらかというと人の人為的ミスなので、大きいごみ絡みやすそうなごみは、事前にとるなど多少気配りが必要

公式アプリからや本体のボタンアレクサでの起動もできてるので、起動に関しては問題なさそう

軽いカーペットなどは昇らず押してしまう
  • 物がそこそこおいてある2LDKはおおよそ45分程度で掃除可能
  • 学習機能はないが最初が一番時間がかかりそのあとは安定
  • 公式通り3~4部屋の掃除は問題ない
掃除機 ルンバI3+ iRobot ロボット掃除機(グレー) アイロボット ルンバ Roomba i3+ [ルンバI3]

どのくらいの段差は超えれる?入れる高さは?

これは2㎝くらいの段差なら余裕で越えて掃除を行います

逆に降りる場合は高すぎるとおりませんが、下の玄関くらいの段差なら降りてしまうこともあるので注意しましょう。

よしか
よしか

物理的に塞いでしまいましょう

降りてほしくない段差や入ってほしくないところは、バーチャルウォールを設置するといいでしょう。

円形の進入禁止エリアを作る「ヘイローモード」でペットの水飲み場なども避けることができます。

入れる高さとしては10㎝くらいなら問題なく入っていく。よほど高さのないベッドやソファでなければ詰まることもない

普段なかなか掃除できないところだからいいよね

ソファの下
テレビボードの下

マッピングで掃除箇所を表示、見方は?

ルンバi3からはマッピング機能があるので、せっかくなのでアプリを入れて確認してみる。家のマークがルンバの充電するスポット。

エラーが起こるとこのように詳細が表示されるので、今後改善するポイントがわかるのがマッピング機能の良い所。行けてない場所もわかります

サイズ感や設置スペース

それでは実際にスペックや外観等含め詳しく見ていきましょう

結構ルンバ本体も大きいよね

発売日2021年
サイズ(ロボット本体)直径34.2cm、高さ9.2cm
サイズ(クリーンベース)奥行き39cm、幅31cm、高さ49cm
重さ(ロボット本体)約3.2kg
電源方式充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間
稼働時間1回の充電につき最大75分
デュアルバーチャルウォール
Impritスマートマッピング×
アプリ対応
よしか
よしか

稼働時間は意外と75分より持つ。しかし充電低下で結局のところステーションに戻っていく

サイズはスペック通り34㎝程度。実際に見ると思ったより大きく感じる

表面はファブリックのような質感で覆われていて、グレーのカラーが落ち着いてて品がある。真っ黒よりかはホコリも目立たなくいい。

付属品は交換用フィルターと交換用紙パックが一つずつ同梱している。公式サイトで頼むと色々ついてくる

公式オンラインストアだけの特典
  • 交換用紙パック 3枚セット:2,178円(税込)
  • エッジクリーニングブラシ:2,178円(税込)
  • ダストカットフィルター(3個セット):4,378円(税込)

ルンバの前面には光センサーがついており、ここで障害物やごみを感知する

ルンバの前面

裏面にはゴム製デュアルアクションブラシがあり、フローリングからカーペットまでどんな床にも密着。

チリやホコリ、ハウスダストのような小さいゴミから髪の毛や大きなゴミまで取り除きます。

ルンバの裏側

掃除のごみは充電ステーションに戻るたびに吸い上げられる。最大60日分のゴミをクリーンベース収納可能。

よしか
よしか

ごみを捨てる手間がないのでだいぶたすかる!ただ吸い上げる音は普通にダイソンの掃除機並みの音がするので夜は注意が必要です

意外と気を付けなければならないのが、クリーンベースというルンバのホームで充電ステーション。

これが結構大きい上にルンバの出入りに必要な周りの空間を確保する必要がある。確保できないと出れないし戻れなくてエラーになる。

公式には両側50㎝、前面に1.2mは空間を空けるようになっている

正直こんなにスペースがいるのかと思うと狭い部屋だときつくない?

よしか
よしか

実際に寸法をはかって検証してみたよ

右側スペース
左側スペース
前方のスペース

両側45㎝と前方60㎝と公式サイズよりは結構小さいが、出て掃除する分には問題なかった。

問題は帰る時だ、60㎝というスペースは問題ないが大事なのはルンバの大きさの30㎝幅で前方にスペースがいるとうこと

このように青ランプ時はクリーンベースに戻ろうとしてるところなのだが、前方に机の脚があるため帰れないでいる

よしか
よしか

要するにクリーンベースには斜めからは入れない。一度まっすぐ正面に入ってからクリーンベースに向かって前進する必要がある

結論から言うと公式ほど両側や前面は離さなくていい、重要なのは両端より前方の空間の確保が大事!

価格について

できることや外観、サイズ感は分かったけど、実際に買うとなると公式ではi3は¥49,800、i3+は¥79,800もする。

正直時短アイテムとはいえ、類似品の多いロボット掃除機の中では値段は高い

価格差は約30,000円

i3と13+どっちを買うべき?

価格差30,000円をどうとらえるのかが大事。結論から言うと設置スペース取れるなら間違いなくi3+を選んだ方がいい

よしか
よしか

掃除後のルンバ内部のごみ捨てを毎回するのは、時短アイテムとしてはちょっとスマートではない気もする

ごみ捨てが全然しなくていいのは凄い、使っていて楽。もう毎回捨てるのには戻れない。

毎日使うと考えれば30,000円はそう惜しくない。ごみ捨てが苦にならない人はi3を買いましょう

いや3万の差は結構でかくない?

よしか
よしか

一括での購入だと結構考えるけど、レンタルのサブスクで考えると実は月額900円の差しかない

おススメはRentioでのレンタル

一括で買える人は問題ないが、やはり自分の家に合ってるかどうか分からないのに4~7万円近く払うのは嫌だなーと思う人も多いはず

よしか
よしか

おすすめはrentioというレンタルサービスで、お試しレンタルをおススメするよ!

rentioってなに?
  • あらゆる製品を必要な間だけ買わずに使えるレンタルサービス
    • キッチン家電や美容家電、季節もの家電など様々
    • 一泊二日や何か月の長期プランまで様々
  • 高額商品や自分にあるかわからない商品を実際に体験したうえで
    • そのまま購入することもできるし
    • 返却して終了もできる
  • 落下や水没などの過失による破損に対して、最大でも2,000円までしか修理費がかからない
  • 注文はすべてネットでできて返却はコンビニや自宅などへの集荷で簡単
    • 集荷に必要な伝票なども同梱されている

でも中古はちょっと衛生的に気になるな~

よしか
よしか

私もたくさん借りているけど点検済リユース品でも十分綺麗。でも通常の月額レンタルにすれば、新品も選択できるので気になる人はそっちを選ぼう。i3+の場合6か月で\14,880

i3+は現在はこの2パターンでレンタルできます

  • 14泊15日レンタル料金・税込 \1,980
    • 点検済みリユース商品
おためし2週間コースはこちらから
  • 1ヵ月あたりの  料金・税込 \2,480円
    • 6ヶ月目以降ならいつでも
    • 返却可能
    • レンタル品が3年後にもらえるプラン
    • 12ヶ月以内の不具合・故障は無償修理
    • 2年目3年目もメーカー修理保証と同等の修理、交換サポート
安心継続コースはこちら

ルンバだけでなくいろいろなものがレンタルできるので、覗いて無ると面白いですよ!

最新ガジェットから定番家電までをレンタル【Rentio】

まとめ:メリットやデメリットは?

いかがでしたか?ルンバは私もずっと自分で掃除した方が早いと思い、ずっと手を出していなかった商品ですが使ってみるとこの上ない時短アイテム。

「ながら掃除ができ、他のことができる」
「部屋がきれいな状態を保ちやすい」
という言うような早く使えばよかったと思える素晴らしいものでした。

大きく最初にお金を出したくない人はまずはレンティオでレンタルしてみよう
ルンバi3+メリット
  • マッピング機能が便利で掃除の状態がわかりやすい
  • クリーンベースによりごみ捨ての手間がないのでかなり楽
  • 3~4部屋は確実に50分ほどで掃除できる
  • フローリングだけでなくカーペットやラグも掃除できる
  • ブラーバジェットとの連携もできる
ルンバi3+デメリット
  • 間取りの学習機能がないので特定の部屋だけを掃除というようなことはできない
  • クリーンベースが意外と場所をとり、確保スペースがいる
  • クリーンベースのごみの吸い上げ時の音がでかい
  • i3との価格差が3万円大きい
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました