不動産相続に遺産分割協議書って必要?不要?登記や名義変更を含む手続きの流れを紹介!

暮らし
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、よしかです。

不動産相続等ににおいて最初にやるべき事

相続人の確認や、相続税の事を

終えたら次にすべきことがあります。

それが遺産分割協議です。

今回は不動産相続における

遺産分割協議書って必要なの?

登記や名義変更も一緒にすべき?

どんな書類が必要なのか流れが分からない!

ってなりますよね。

今回はそんな悩みを登記や名義変更の手続きを含めて

この記事を読むことでこんな悩みを解決します。

  • 遺産分割協議書って必要なの?なくてもいいの?
  • 素人でも自分でできるの?
  • どのくらいの費用が掛かるの?
  • どんな書類が必要なの?
  • 登記や名義変更も同時にすべき?

最初にやるべき、相続人の確認や相続税の

事ってなに?って方は下記の記事を参考下さい。

これで相続の手続きに困らない!期限を決めて不動産相続の最初に行うべきこと
知らなかったじゃすまない!「相続が発生したけどしなきゃいけないことは?」「土地や家を相続したけど、これからどうすればいいの?」 相続の手続きに関する大事なことを、実体験をもとに困ったことや必ずやっておいた方が良いこと、やってはダメな事お伝えします。

結論

結論を先に言うと必要です!

もっと深く言うと

後々の、不動産売却や名義変更、登記に

必要になるので必要という感じです。

よしか
よしか

大前提として相続人同士で

言った言わないの水掛け論を

防ぐためだよ!要は揉めないため

もちろん必要にならない人も

出てきます。

ではもう少し詳しく説明していきます。

遺産分割協議書とは?

そもそも遺産分割協議書って何でしょう?

簡単に言うと、相続人全員で財産分割を協議した事を書面で

まとめたものが「遺産分割協議書」ということです。

必ず相続人全員で協議をしなければ

無効になりますのでご注意を。

提出先は相続する物によって変わり

以下のようになっています。

  • 法務局
    • 不動産相続の場合で相続登記の為
    • 基本的に期限はない
  • 銀行などの金融機関
    • 預貯金の相続の為
    • 期限はないけど被相続人の死亡で銀行口座凍結になるので早い方がいい
  • 運輸支局
    • 車とかの相続、名義変更の為、期限なし
  • 証券会社
    • 株式等の相続、期限はないけど同じ証券会社の口座必要
  • 税務署
    • 相続税が必要な場合のみ
    • 相続を知ってから10ヵ月以内

今回は不動産相続の話だから

法務局に提出というわけか

遺産分割協議書が必要か不要か

不動産相続における遺産分割協議書が

必要か不要かは下記に該当するかです。

必要な場合

  • 遺言書がない
  • 法定相続の割合で分配しない。

私の場合はこれの両方で

相続人は3人いましたが単独で相続しましたので

必要でした。

よしか
よしか

この後の名義変更、登記、売却でも

必要になります。

不要な場合

  • 遺言書がある
    • 割合だけで具体的に不動産や現金等の資産の明記がない場合は必要
  • 法定相続分の割合で相続し不動登記等を行う場合
  • 遺産分割協議でまとまらず遺産分割調停を行う場合
  • 相続人が一人しかいない場合
  • 他の相続人が相続放棄した場合

法定相続分の割合とは

民法では下記のようになっています。

イ 配偶者と子供が相続人である場合
 配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2
ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合
 配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3
ハ 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
 配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

                                国税局ホームページより(民法887、889、890、900、907)

文字ではわかりにくいので

図解で表すとこんな感じです。

よしか
よしか

相続放棄した人、内縁関係にある人

は相続人ではありません。

具体例として私の場合は下記のようになっていました。

注意すべき点としては、被相続人の子の配偶者

何となく相続人っぽいですが違います。

優先は直系の子供です。

この被相続人の子の配偶者が出てくると

一番下の子供にとって親なので厄介ですが

子供だからと言って丸め込まれないよう注意しましょう。

遺産分割協議書作成に必要な書類

ざっくり少なくともこれくらいの書類は要求されます。

名義変更、登記にも必要なのでそろえておくといいかと。

  • 被相続人が出生してから亡くなるまでの戸籍(除籍・改製原戸籍・現戸籍謄本)
  • 被相続人の住民票の除票と戸籍の附票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明と実印

遺産分割協議書のひな型

遺産分割協議書自体は自分自身でも作成できますので

時間がある方やお金を節約したい人は

自分作るのもありかもしれません。

法務局のホームページでは参考ひな形

ダウンロードできます。

遺産分割協議書を司法書士に依頼

どうしても自分ではできない方や

時間がないから専門家にお願いしたいって方は

司法書士に作成依頼しましょう。

ちなみに司法書士に私が作ってもらったものは

下記のような書面になりました。

何か参考なればと思います。

費用はというと・・

私が司法書士に頼んだ内容は

  • 遺産分割協議書
  • 名義変更
  • 登記

価格は\146,000でした

よしか
よしか

見積書を貰いますが即決せずに

金額交渉しましょう。

大体1割引きくらいはしてくれたり

します。

当然自分で分割協議書から登記、名義変更できますが

あくまで時間が取れればやるけどって感じですかね~

遺産分割協議書と同時にやること

不動産の所有権登記人が死亡し

相続したら、遺産分割協議書を作成し

所有権の移転も行いましょう。

その後売却するためにもです。

所有権移転登記申請書法務局のホームページ

ダウンロードできますの記入し提出しましょう。

司法書士にお願いしてると遺産分割協議書作成し

名義変更、登記まで行い、法務局に提出してもらえます。

まとめ

  • 遺産分割協議書は下記の場合必要
    • 法定相続の割合で分配しない
    • 遺言書がない
  • 法定相続分配とは第一順位~第三順位まで3段階あるので確認する
  • 必要書類は
    • 被相続人が出生してから亡くなるまでの戸籍(除籍・改製原戸籍・現戸籍謄本)
    • 被相続人の住民票の除票と戸籍の附票
    • 相続人全員の戸籍謄本
    • 相続人全員の印鑑証明と実印
  • 遺産分割協議書を作成したら登記、名義変更も行う
    • 遺産分割協議書や登記、名義変更のひな型は法務局でダウンロードできる
    • 自分自身で作成したら法務局に申請しよう
  • 自分でしない場合は司法書士に依頼しよう

以上になります

自分で作成出来そうだったらもちろん

した方が安く作成できます。

また、遺言書があってもその割合に納得いかなかったり

遺産分割協議で相続人が遺留分や寄与分を主張して

まとまらない場合もありますので

遺産分割協議は根気よくい行い

全員の納得のいく遺産分割協議書ができると

いいですね。

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました